ちょこっと工具を買いました。その10(トルクレンチ)

今まで自分でバイクのメンテナンスはしたことありません。
バイク屋・用品店まかせでしたので工具すらまともなものが無い状況です。
取り合えず安物の工具セットを購入しましたが、自分でメンテナンスをすると『これでは駄目だな(涙)』と感じました。
愛車のボルトが舐めると心が痛みます。外車なのでボルト1本買うだけでも大変です。本当に・・・優秀な工具の必要性に気が付きました。しかし、サラリーマンライダーなので、お小遣いの範囲ないでしかできないので中々高級品には手が届かないので厳選して購入しようと考えています。

ネットで調べると高級工具のSnap-on・nepros等の商品紹介は見かけますが、それらより安い工具の紹介やレビューはAmazon位しか見かけませんが、今使っている工具はAmazon商品レビューで良かったものを購入しています。それでも駄目なものは駄目なんでよね。。。『買う前に解っていれば・・・』と後悔することも多いので、この商品が『良かったよ』『悪かったよ』と取り合えず購入した工具を紹介して見ようと思いました。



 足回りのメンテナンスをするのにラチェットセット12.5mm(1/2)を購入しましたが(1/2)トルクレンチを持っていなかったので購入しました。

結構いいお値段でしたが一生使うつもりで良いものを購入しました。今まではE-Value のトルクレンチを使用していましたが、使い心地が全然違います。カーチンとクリック感と音だけは心地が良かったので印象的でした。トルクの違いとかは体感できなかったけど満足感は大きいです。使い込んで校正が必要になってもメーカーで有料でやってもらえるし修理だってお願いできるので買いっぱなしで使い込んでポイ捨てにはなりません。一生ものです。

一生使うからヘッド交換型にしたけど正直ヘッドもいい値段するからプロの整備士でないと要らないかも・・・

12.5mm(1/2)トルクレンチを使うところは主に足回りになるので高トルクになります。スイングアーム110Nm・フロントスプロケットナット180Nm・リアアクセルナット110Nmなのでモータサイクル用MTQL140N(20~140Nm)では能力が足りないのと能力の中央値付近が精度が高いので上限や下限付近ギリギリでは不安が残るのでCL200NX19D-MH(40~200Nm)を購入しました。

その後メンテでボルトが舐めたりして思いました。トルク上限が低いボルトこそ精度の良いトルクレンチが必要だと感じたのでQL50N-MH(10~50Nm)を購入して以降、東日トルクレンチ・Ko-Kennソケットの組み合わせでボルトが舐めたことがありません。使っていて安心感があります。

5~25Nmのトルクレンチはe-valueなので東日に買い替えたいけど他に必要なのが多くてお金が追いつきません(涙)ま~e-valueでも使っていて悪く感じないけど安心感や信頼性が違うと思うので東日が欲しい!

5~25Nm・10~50Nm・40~200Nmの3本トルクレンチあればバイクの整備では完璧だと思うので揃えたいともいます。

愛車のTriumph Bonneville T120 メンテナンス記録をまとめてみました。
『〇〇のメンテナンスは確かやったよな。。。』と曖昧な記憶でメンテナンスを忘れることも有ります。
曖昧な記憶ではなく、ちゃんとしたメンテナンス・整備記録を付ける事にしました。
整備漏れや車検等で重複メンテナンスを防げるといいな~

バイク用のケミカルは種類が多くて悩みます。。。
購入しようにも意外と高くて、そんなに失敗できません。又、種類が多いので何処に何を使うのか解らなくなることも多いので自分なりにまとめてみました。
欲しい物や使う場所や使用感など追記したいと思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • おっちーです、ぷくぷく福耳さんこんにちは!

    これは良い買い物ですねー(^^)

    ボルトをなめた経験があると、
    トルクレンチの安心感は半端ないですよねー!
    もう手放せないって言うか(^^)

    ではでは、また遊びにきますね(^^)/

コメントする

目次