大分 富貴寺 に行ってきました。

先日、九州旅行に行ってきました。
その時に色々な神社やお寺に行って参拝してきましたので御朱印を頂きました。

富貴寺は平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺(プライベート)として開かれた由緒ある寺院です。
宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、現存する九州最古の木造建築物であり、国宝指定されています。
戦後は地元の子供の遊び場、集会場として使用されていました。
本堂は現在建て替えしていたので次回、九州に行くときには見れるかもしれません。

門がいい感じです。
富貴寺大堂 阿弥陀三尊像御開帳を100年振りに行っていました。平日なのに人が意外と多かったのは御開帳をしていたからかもしれません。

丁度、紅葉していてグラデーションがいい感じでした。

大堂内には極楽浄土の世界を描いた壁画が施されており、風化が激しいが、極彩色で描かれていたというものです。よく見ると確かに書かれていました。
私が行った時は大勢人がいたのでお坊さんにガイドをお願いしていたので隣で聞いていたので、ただ見るより、あれがそうなのかと納得してみることが出来ました。

あちこち石が積んであったりお地蔵さんがいたりしました。

参拝して御朱印を頂きました。
阿弥陀三尊像の右手と紐が繋がっています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる