ちょこっと工具を買いました。その3(ミニラチェット)

今まで自分でバイクのメンテナンスはしたことありません。
バイク屋・用品店まかせでしたので工具すらまともなものが無い状況です。
取り合えず安物の工具セットを購入しましたが、自分でメンテナンスをすると『これでは駄目だな(涙)』と感じました。
愛車のボルトが舐めると心が痛みます。外車なのでボルト1本買うだけでも大変です。本当に・・・優秀な工具の必要性に気が付きました。しかし、サラリーマンライダーなので、お小遣いの範囲ないでしかできないので中々高級品には手が届かないので厳選して購入しようと考えています。

ネットで調べると高級工具のSnap-on・nepros等の商品紹介は見かけますが、それらより安い工具の紹介やレビューはAmazon位しか見かけませんが、今使っている工具はAmazon商品レビューで良かったものを購入しています。それでも駄目なものは駄目なんでよね。。。『買う前に解っていれば・・・』と後悔することも多いので、この商品が『良かったよ』『悪かったよ』と取り合えず購入した工具を紹介して見ようと思いました。

以前アップした記事ですが間違って削除していました。

購入してよかったと思うので簡単に記事を再度書くことにしました。

TONEビットラチェットセット金額のわりに優秀な工具です。

差し込み角1/4″のラチェットより一回りコンパクトなため、狭い場所の締め付けに重宝します。

信頼性のTONEの製品なのでカチッとした操作感で使い勝手が良いです。TONEはちゃんとしたメーカーですから、そこらのホームセンターで売ってるノーブランドの工具とはクオリティが違います購入して大正解でした。

ビット構成です。

ここでダメ出しするとプラスビットはこんなに沢山要らない。プラス#3ビットもラチェットがコンパクトなので力が入りにくいので要らないと思う。しかも2本づつもいらない変わりに、3mmのHEXがあれば良かったと思います。

1/4″のソケットアダプターがついているのでソケットあれば1/4のソケットが使えるのも良い。

コンパクトを追求した形なのでビットが短すぎるのはしょうがないかな~ビットを外すのにペンチが欲しくなるので

最初はカンケースの入れ物が欲しかったのですが、こう置くのでプラスチックで良かったかもベルトに通すループは邪魔なので削り取りました。

普通のトルクスのビットでは使用できませんでした。これがあったのでコンパクトのラチェットを買うことにしました。

こんなふうに狭いところでこのラチェット威力を発揮します。普通のラチェットでは振れないけど問題なくボルトにアクセスできます。

こちらのエアクリーナーBOXのボルトにもアクセスできます。ボルトもトルクスネジですが付属品で開けれます。
 

このように普通のラチェットではアクセスしにくい所で威力を発揮するのでそんなに高くないので1つはあっても良いと思います。

ただ自分で整備するのも楽しんですよね~
こんなトラブルでも『あ~どうしよう』『こんな方法があるのか?』等色々と調べたり考えたりしているだけでも大好きなバイクの事となると楽しいです。
これからも無理せず自分で出来そうなことは自分でやりたいと思います。

 
 

愛車のTriumph Bonneville T120 メンテナンス記録をまとめてみました。
『〇〇のメンテナンスは確かやったよな。。。』と曖昧な記憶でメンテナンスを忘れることも有ります。
曖昧な記憶ではなく、ちゃんとしたメンテナンス・整備記録を付ける事にしました。
整備漏れや車検等で重複メンテナンスを防げるといいな~

バイク用のケミカルは種類が多くて悩みます。。。
購入しようにも意外と高くて、そんなに失敗できません。又、種類が多いので何処に何を使うのか解らなくなることも多いので自分なりにまとめてみました。
欲しい物や使う場所や使用感など追記したいと思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次